プラザ薬局健康サポートサイト-医食住薬-患者様の健康を願います。

プラザ薬局の患者様・採用者様向けサイト 医と食のコラボ

高野豆腐と黒きくらげの含め煮

約 2 分
高野豆腐と黒きくらげの含め煮

材料(4人分)

  • 高野豆腐  50g
  • 黒きくらげ 乾燥3g
  • 干椎茸 2枚
  • だし汁 300ml
  • きび砂糖 大さじ3
  • みりん  大さじ3
  • 酒    大さじ2
  • 薄口しょうゆ 大さじ2

作り方

  1. 200mlの水にきび砂糖を加え溶かし、干し椎茸を入れ水戻しする。戻し汁は使用するのでおいておく。戻した干し椎茸は絞ってスライスする。
  2. 高野豆腐を熱湯と同量の水を混ぜた50度のお湯に浸して柔らかくなるまで戻す。柔らかくなったらしっかりと絞っておく。黒きくらげは水戻しし食べやすい大きさに手でちぎる。(戻し汁は捨てる)
  3. 鍋に➀の戻し汁とすべての材料を入れ中火にかける。
  4. 煮立ったら弱火にして落し蓋をして15分煮る。火を止めて15分自然冷却し、味をしみ込ませる。

管理栄養士クーコからの一言

50%がタンパク質からなる高野豆腐は少量で1日に必要なミネラル9種類のうち7種類を摂取することが出来るバランス栄養食です。
高野豆腐を1日1枚を3か月間摂取することで糖尿病の改善効果があるといわれています。(石黒ら、薬理と治療44号p1363~1366より抜粋) 薬膳では血管壁を丈夫にし血流を改善する黒きくらげと組み合わせ、さらにおすすめなメニューです。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)